So-net無料ブログ作成

帝蘭オープンまでの話(前編) [帝蘭オープンまでの話]

私はタイランドのバンコクにあるマッサージスクールで、タイ古式マッサージを修行しました。

そのスクールの先生方は、全員が女性。生徒も、私と同期は全て女性でした。
つまり、女性の中に、男性は私ただ一人。
ちなみに、タイの男性は一般的に怠け者が多いと言われています。
ですから、先生方も入学初日から
「男性が入学してきたぞ。きっと怠け者に違いない」
私に目を付ける訳です(苦笑)
そして、私に対する教え方も、必然的にスパルタ式になる訳です[もうやだ~(悲しい顔)]
その為、私は叱られたくない一心で、毎日朝6時半から夜12時半まで缶詰状態で修行しました。
その甲斐あってか、卒業試験ではエクセレント評価を戴き、首席で卒業させて頂けました。
D0021.jpg
(この頃が我が人生の中で一番老けていたような・・・[たらーっ(汗)]

そして日本に帰国後は、某全国チェーンのリラクゼーションサロンで働きました。
サロンにいらっしゃるお客様は当然お疲れになられている方が多いのですが、
人って疲れてくるとイライラしたり、暗い顔になったりするものですよね。
でも、そういったお客様が施術後に笑顔になられると、とても嬉しいものです。
「これで街にまた1つ笑顔が増えたな[わーい(嬉しい顔)]」などと思ったりして。←自己満足(笑)

また、自分で施術するだけではなく、西日本各地の店のスタッフにタイ古式マッサージの技術研修もしていました。おそらく40人以上は研修したように思います。
その研修したスタッフの人達も、それぞれの街に笑顔を増やしてくれている事と思います[わーい(嬉しい顔)]

(つづく)

帝蘭のご予約は[phone to]090-5702-8700

[次項有]後編
[次項有]戻る

nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。